こころpypんぴょ

ひまだから、かいてる

エコロジー

自然と触れ合っていると、余計なことを考えなくてすむから、脳内とってもエコロジー。 でも、頭の中が空っぽすぎて、不安になる。 わたしは、常に空間や脳内に有を詰め込んでいないと不安で仕方がないので、エコロジーな生き方は向いていないなぁと実感をし…

おなかいっぱい

つまらない自分を肯定するために今日も日記を書いた。いまなら気持ちよく死ねる、と思える時間を沢山感じるために今日も生きた。消化出来ない気持ちが食欲を満たしていくから、夜ごはんは少なめにした。おなかいっぱい。つめたい音もあつい音も、おなかいっ…

田舎

バスの窓から見える廃れた地元の風景に流れるノイズはわたしの耳でハッキリと音を奏でていた。ココ、だと。いくら都会の空気に犯されていても、やっぱりこの音はココでしか聴けないんだよなぁ。だから、帰りたくなる。

夏が好きだ。夏を好きな理由は、好きな人やすきなものをいちばん美しく感じられる季節が夏だから。季節とは君の為に用意された絵の具なんだよ。ね。 炎天下の日差しの中、2次元を彩る江口拓也の声をイヤホンで聴いていたら、夏に引きこもれてる!すごい!夏…

自覚

日記を書きたくなるのは生き急いでいるから。死ねないから。わたしが死ぬときはツイッターと日記を印刷してお葬式の参列者に配布してほしい。分かってほしいなんて思っていないし、分かってもらおうなんて思ってもいない。でも、明日死んだら嫌だなぁ、なん…

幸福論

君の為にバッドエンドな映画しか観ない。バッドエンドは、私だけのものだから。 君を不幸せにする存在を、なるべくかき消せるように生きる。 それが、わたしにとっての ”生” 生きてるって、感じる。

戦線布告

インターネットは敵だ。自分の目で見たもの聴いたものしか信じたくない。本物しか信じたくない。それでもインターネットに縋るわたしは、つまらないからっぽ。インターネットで得た情報で構成されたからっぽな身体に自信がないからまたこうやってインターネ…

‪わたしは、AV女優を「消費」している人間が大嫌いで、この世からそういう人間が居なくなってほしいとまで思っていたのに、戸田真琴という人間は、自ら「消費」という真っ黒な海に飛び込び、自分を犠牲にしてまで、全ての人間を救おうとしているだなんて。許…

大森靖子を聴いて取り戻す自我。やっぱり、わたしにはこの人だけなんだなって改めて感じた。現状維持していた数ヶ月間。わたしは全く気持ち良くなかった。幸せが気持ち良くないなんて、神様は教えてくれなかった。でも、堕ちなければ得ることができない快感…

夢も目標もわからないけどとりあえずすきなことだけしていきていけたら幸せなんだとおもって泥を浴びてはみたものの、特に昔と幸せの度数は変わっていないような気がする。未来は見えないしお金はないし平日の職場は地獄だし、わたしは何の為に生きているの…

食事

最近、良い海外ドラマが見つからないので、ハンニバルの2周目を見始めました。もうハンニバル以上の名作に出会うことはないのかもしれない。脳に全シーン記憶させなくちゃ… 恐怖と興味は同じ線で繋がっている。あなたを好きだという気持ちも、恐怖。自分が…

愛 ドル

それは、形容するならば、太陽。きみが、きみがいるから、わたしに影が生まれ、もうひとりのわたしを、抱き締めることができる。いつもありがとう。届かない声をぽつり、と。 太陽が沈んだら、代わりにきみを抱き締めてあげる。きみの影はわたしが守るから、…

バーゲンセール

簡単に会いたくない。簡単に触れたくない。簡単に聴きたくない。許されることを許してくれた、それ以外にも求めるなんて、わたしたちはなんて傲慢なんだろう。お願いだから、自分を安売りしないでほしい。そうやって、自分の価値を下げていることに、みんな…

夏のジレンマ…

「だってオレなんだ」の一言で天馬くんの全てを表現出来ているこの歌詞、神過ぎませんか(;o;)

夏のジレンマ

なるべく感情を文字に起こさないと、わたしは馬鹿だから、そのまま消化して、気付いたら身体の何処からか排出してしまっている。馬鹿は自覚を持って治さないと、一生治らないのである。辛いよね。 ところで、キャラソンの歌詞にある「きみ」が絶対的にわたし…

宣伝

大好きな小説の主人公に近付きたくて、ピースを一箱、買って火を付けて吸ってみても、上手く吐き出せない煙は、馬鹿みたいに幼かった。そんなわたしをあなたは、鼻で笑うのだろう。ハードボイルドにも、ハーフボイルドにもなれず、ましてや、あなたに評価し…

許し

あなたにとって音楽とは?と、問われたら、わたしは迷わず「許し」だと答えます。 それは、神にも勝る、唯一神。わたしだけの神。 音楽を聴く、という行為を許してくれる神に、わたしは毎日お祈りをして、こういうの。 「わたしを許してくれて、ありがとう」…

つまんねぇから消したくなる

健康

いつ死ぬか分からないんだから、身体に悪いことは全部やるね。と、らも先生は書いていたなぁ。健康?不健康?こわいのは病気じゃなくて、いつ死ぬかってこと。健康を目指すことは、死からの現実逃避。ほんとは、あしたしんでもいいように、不健康で行きてい…

無題

アイドルが無条件に肯定してくれることによってわたしたちはひとりの人間になれるのだ。やっと、ひとりのヲタクになれるのだ。そこにしか居場所がない人間が沢山いるのに、友達や恋人という居場所があるのにも関わらず、アイドルに肯定されにいく人間がわた…

脳内音楽プレイヤーは年中無休。再生回数は無限大。アンプを通した音が忘れられなくて、わざとCDを聴かなくなった。わたしの記憶が正しい。いつだって。全部、全部、覚えている。

フローズンタイム

ふたりなら一瞬も永遠に。 めちゃくちゃ分かりやすい恋愛映画でした。ある意味ジャケ詐欺や。 「いまこの映画を見ている一瞬は2人だけだから、これは永遠だね。わたしはいつもきみとだけ時間を進めているけど、きみはどうなんだろう。きみもおんなじだと、嬉…

ゆめなんてひとつもない。すきなひとに出会って恋をして、ハッピーエンドでもバッドエンドでもいいから、そのまま死ねたら幸せなんだろうな。はやく趣味をきみにしたい。ゆめだけみせて。つまらない毎日をあたりまえにしたくない。わたしはきみさえいれば、…

すき

わたしがきみたちの内面や感情に深くかかわりすぎるとわたしときみたちとの間に何らかの関係が生まれてしまい、その隙間からわたしの汚い部分が入りこんでしまいそうで怖い。だからわたしは永遠に一定の距離を保つことによってきみたちの音楽を守っていくん…

戦争だとか爆弾だとか言われても、わたしは既に自分のことで手一杯なんだから、感情に余裕なんかない。知らない。死ぬとか死なないとか以前にもうわたし死んでるし、生きるんだったらわたしは明日から生きていけるのか?孤独よりも辛い死をわたしは知らない…

ナチュラルなオーバー

演技の話をします わたしは、どんな役を演じても自分自身を隠しきれず、どうしてもオーバーな演技になってしまう俳優さんが大好きです。 例えば、松田優作。彼は、トップオブザワン。説明は不要、見たら分かります。最高の演技です。 真の演技というものは、…

孤独を埋めるように、食べ物をたべた。 満たされる胃は、気持ちが悪くて、「これが幸せなのか」と思ってしまった。 気持ちがいい 以外の感情を無くしてしまってから、食べ物を食べてばかりだ。 食べ物を食べているときだけ、気持ちがいい。 孤独をたべる。孤…

毎日毎日眠れないのは、1日に満足出来ていないから。まだ足りないまだ足りないまだ足りない。だから、寝ずに本も読んだし、映画もみた。でも、まだ足りない。まだ足りないまだ足りないまだ足りない。足りないものが分からないから、また意味のない時間を無…

ビデオドローム

ビデオドロームというSFホラー映画をみた。 多分これは、テレビやネット中心の現代(つっても80年代の映画だか)への風刺が大きなテーマなのだろうけれど、わたしはどうしても恋愛脳で考えてしまう。 現実が現実だという証拠なんて何処にもない。わたしがこの…

きみのすきなものをすきになってきみを感じたい、とかいう陳腐な発想が先走るくらいきみのことベタにすきだよ きみがいるかぎり、きみがすきなものをきみ無しの純粋な すき ですきになれないこの地獄を、 たくさんの地獄で満たして、わたしはこのままたくさ…

殺意

あなたからの殺意を受け取ることでわたしが認められる。 好意なんかいらないのだ。女、人間、生き物、だということを、自分以外に肯定されると、自分が自分でなくなっていく。 死、は、生 、であり、そこにあなたの感情が加わることで、わたしは、わたしで死…

* ✖️

あなたの傷はわたしの傷にはならないから。 わたしはわたしの痛みしか感じられない。 だから、わたしは、あなたとおんなじ傷をつけて、おんなじ痛みを味わいたい。 もっともっともっと切りつけて。 あなたの手で、わたしに左胸に正解のバツを。 あのこがすき…

過去を消さない

前の職場を辞め、早半年。今現在のわたしはチョ〜ハッピーポジティブ人間である。その理由は、ずばり。自分を肯定できるようになったからだ。 トイレでツイッター片手に、毎日泣いていた半年前のわたしは一体何処へ… ”おまえはおかしい もっと普通にしろ” と…

いいにおいのする映画

ツタヤすげ〜 ずっとみたかったいいにおいのする映画が入荷されていた 神 内容をあまり知らない状態での観賞。まさか、照明のお話だなんて思わないじゃないですか。びっくりして心臓飛び跳ねました。 照明って、そのとおり、魔法なんですよ。ファンタジー。…

2次元によって救われたわたしの3次元

流星隊の返礼祭。 ‪賛否両論あるのでしょうけど、わたしは好きです。というか、かなり良い。あんスタのいいところは、物語を綺麗事で片付けちゃわないところだよね。汚い部分もぜぇんぶ見せてくれるから、信じられる。 だいたい、2次元という次元の時点で汚…

衰退

最近分かりやすいものにばっかり触れていたせいで、脳みそのシワが減りまくっていたみたいです。明日は大森さんのライブ。シワが増えた脳みそで大森さんを感じ取りたかったのに。今から徹夜してもシワは増えますか…? 睡眠を減らしてでも本は読むべきだなぁ…

バンプ

やっぱりせかいいちすきだったあのひとにはすべてかなわなくて、なにをみてもなにをかんじても、ひかくしてしまうのはしょうがないんだけれど、こうしていつまでもわたしのからだをしばりつけているあなたが、なんのつみにもとわれないのが、わたしはしゃく…

補足

フィクションはフィクションだからな!?わたしはよくフィクションを書くんだよ!!!!!大森さんも、シンガーソングライターが一人称の歌詞を歌えばその歌詞がその人のことになるのおかしいみたいなこといってたジャン?? お願いだから、そんなことでわた…

ポイント

仁義なき戦い 代理戦争 にて この面子で、机の上に、カルピス的な飲み物が置いてあるの、犯罪的に萌える。

自覚

え、おまえ、自分が何かを生み出せる側の人間だと思ってたの?うける と、仕事を辞める前の自分に言いたいです。わたしは、明らかに生み出されたものにお金を払う側の人間だったのに、いろんな芸術家やアーティストがかっけぇこといってわたしを挑発してきや…

よっかまえ

4日前のめも↓ 携帯があるせいで孤独を身に沁みて感じてしまう。わたしはきょうも孤独を貴方の代わりに抱きしめた。わたしはなによりも、貴方が欲しくて堪らないのだ。貴方が言うなら弁護士にだって新聞記者にだって女優にだってなるのに。貴方のせいで、わ…

* あめ

きみといっしょに濡れた雨の日が、はじまりではなくおわりだったんだ。そういえば、きみのかおを、ちゃんと見ていなかった。きみのタバコの煙は、雨の匂いに消されて、なんにも残っていなかった。すべては、雨の日に、置いてきてしまった。記憶にあるのは、…

魚の眼は食べません

すきなひとがかみさまだし、それ以外じゃがいもだし、おまえらなんかすきなひとがメインディッシュで美味しくいきて行ける為の前菜でしかないし、でも、おまえらがいないとだいすきなあのひとも美味しくいきていけないんだから、だったらまあおまえらも同じ…

神社

お正月だからって特に浮かれたりもせず、普通に普通を過ごした。 難しい言葉をたくさん並べてみても、この想いは比喩できない。恋をすると馬鹿は悪化するのだ。今世紀最大に馬鹿なわたしに価値を見出してほしいなんて、この想いは強欲すぎる。やっぱり恋は大…

身にならない時間

居酒屋のBGMが80〜90年代ジャポンだから、仕事が捗る。今日は、サボテンとバントラインが流れて、注文を取る声が震えた。疲れすぎると、身にならないことをしたくなる。キヨとレトルトの全身ラジオが毎日の癒し。身にならない時間も人間にゃ必要なんだよ… 馬…

* えいが

「映画になんかならなくても、普通の毎日でいいから。」なんて、思える程わたしは素直ではない。きみをみてると、わたしはどんどん陳腐になって行く。そんなわたしを監督のきみは、つまらないと比喩するから、わたしはきみを見ないことに決めた。きみが”カッ…

* せつな

聞いてしまったら全てがおわりに、ジ、エンド。きみとわたしは、まだ永遠なのだから。ゆっくり、なんて馬鹿みたいなこと、わたしには出来なかった。永遠を辞めたいま、きみとわたしは、一瞬、を取り戻したのである。

* せいざ

分かりやすい愛の形に惑わされて、恋とかトキメキとか忘れてない? ぴょんぴょんした心を比喩出来ないわたしは今日も貴方に完全敗北宣言。貴方の幸せを願えば、もちろんそこにはわたしは居なくて、今日も貴方に完全敗北宣言。勝利を手にした貴方が向かうのは…

* 煙

通話越しに聞こえる煙を吐く音で、わたしの吸う空気まで犯された気がした。煙で返事をするきみが愛おしくて、わたしはわざと沢山質問をした。きみの吐いた煙の匂いを、通話越しにちゃんと覚えてる。同じタバコを吸っても、同じ匂いは、しなかった。もう二度…

* 正義

きみが、すき、といえば、それは全部正義になるし、きみが、きらい、といえば、それは全部悪になる。 きみに生き、きみに死す。 きみが、触れたもの、それは全部正義。きみが触れれば、わたしも、正義と化す。 きみがいなくちゃ、わたしは永遠に悪だから、き…