読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こころpypんぴょ

ひまだから、かいてる

ネガティヴしかない

わたしが仕事を辞めると言えば、「これだからゆとりは。」とか言われるんだろうか。
仕事の出来ない社会不適合ネガティヴ人間が全員ゆとりなんだとしたら、文豪や芸術家にはたくさんゆとり人間がいたんでしょうね。みんな社会で上手くやれず、ネガティヴ人間ばかりだったじゃないですか。
社会に適応できない奴は間違ってるみたいな考えを押し付けてくるあなた方が間違っているんだと気付けないなんて、すごくかわいそう。
わたし人前で話すのが苦手ですぐ泣いちゃうんですけど、それを見た上司に「子供かよ。泣いてるんだったら話聞かねぇから。」と言われ、話を聞いてもらえませんでした。その瞬間になにも信じたくなくなりました。
伝えたいことは沢山あったのに、泣いているという理由でそれを遮断されたんです。
そういう ”泣く奴は駄目な奴”という固定概念を壊せない限り、この人たちはずっと社会に縛られ他人を縛り続けて生きて行くのでしょう。
でもまあそういう意見にも一理あります。
社会にはこれまで築き上げた概念というものがありますから。それを崩せば自分も社会不適合者になってしまう。それはいやだ。その気持ちは理解出来ます。
でもわたしはあなた方とは違います。自分に正直に生きたいんです。社会なんか知りません。
わたしはわたしは気持ちよく生きていける場所を探します。 
さようなら。ようこそ、未来。