読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こころpypんぴょ

ひまだから、かいてる

けいべつ

会話の端々に、時代や性別の違いを交えながら話すひとって、ほんとうに説得力無いですよね。
頭悪そう。固いんでしょうね。不味そう。可哀想。

最近とくに、周りが信じられなくなった。あの人は、わたしが辞めることを知っているからなのか、言葉や視線に軽蔑の念を感じる。はやく出て行け。って言われてる。わたしだって早く消えたいのに。ごめんね。

うちの会社では、芸術鑑賞費として、映画やライブのチケット代を半分補助して貰える。入社当初は、ラッキー!と思って使いまくっていたけれど、途中で、芸術を”仕事”にしている感覚が嫌になってやめた。わたしは、仕事で芸術鑑賞をしているのではない。生きるためにしているのだ。会社のためなんかじゃない。  
芸術を仕事として消費している大人が可哀想。

大人になれないわたしを、貴方は軽蔑しているのでしょうね。
どうぞ、ご勝手に。
わたしは、自由だ。