聴覚

毎日日記を書くと宣言して、1日で忘れていた。これだから馬鹿は困る。
近況といえば、ニートが終わりました。わたしはいまライブハウスとレンタル屋でアルバイトをしている。どちらもすきなことな訳で、そりゃもう生きてるのがサイコーなくらいに楽しいのだが、まあ、なんといってもアルバイトは金が貯まらない。ヲタクは金がかかるからな。結構キツイ。あ?ヲタク辞めろって???はぁ〜〜 辞めれたら辞めてんだっつ〜のな〜最近は若手男性声優に心ぴょんぴょんで、時間もお金も足りないくらいなんだ。ツライ。
どうでもいいのだが、梅原裕一郎の声が昔の好きな人の声に似ていることに、最近気付いた。どうもわたしは好きな人の声を美化しすぎてしまっているらしい。なにがどう似ているのか、うまくは言えないのだ、なんとなく似ているのだ。耳ではなく脳が反応するのを確かに感じた。聴覚なんてものは当てにはならない。わたしは感覚で判断したのだ。なんだかなぁ。声ってのは、不思議だ。

はぁ〜〜つまらん。つまらんけど、つまらなくはない。そんな人生。バンザ〜〜い。

 

小説かきた〜い