愛の〜〜パワ〜ヲ〜〜〜

日記に書くこともないくらい、1日ボケ〜っとして過ごしていた。しいていうならば、バトナマを見返して、あ〜防衛部ええな〜 と、改めて痛感したことくらいしか感情が変動する出来事が無かった。まあ、そういう日もあっていいよね。ウンウン。

さて唐突だが、わたしは腐女子を尊敬している。腐女子っていうのは、対象が自分じゃない分、発想が無限大で遠慮がなく未知の可能性に満ちているのだ。自我が邪魔をしてこないから、発想に幅が広がるのである。わたしは男じゃないから分からないが、男ってのはやっぱりどこか自分を透かした上で物事(とくにエロに関して)を見ているような気がする。それに比べて女は、パッパッと対象によって思考を切り替えられるのだ。すげえ生き物である。わたしも腐女子のエキスパート目指して、思考のトレーニング、しなくちゃな〜〜 と思う日々であ〜る