読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こころpypんぴょ

はなすあいてがいないのでかいています。あと、あしたしんでもいいようにきおくをのこすんだぁ〜

 

孤独を埋めるように、食べ物をたべた。

満たされる胃は、気持ちが悪くて、「これが幸せなのか」と思ってしまった。

気持ちがいい 以外の感情を無くしてしまってから、食べ物を食べてばかりだ。

食べ物を食べているときだけ、気持ちがいい。

孤独をたべる。孤独をたべる。孤独をたべる。

もっと、もっと、孤独をたべないと。

 

満たされない胃が、気持ちよくて。

わたしはまた、孤独をたべる。