戦争だとか爆弾だとか言われても、わたしは既に自分のことで手一杯なんだから、感情に余裕なんかない。知らない。死ぬとか死なないとか以前にもうわたし死んでるし、生きるんだったらわたしは明日から生きていけるのか?孤独よりも辛い死をわたしは知らないから死が怖いし寂しい。わたしの孤独よりも辛い孤独を知ってるきみがわたしを蔑んでいる感情がわたしには生だから、わたしはどうやっても死以上の孤独を味わえない。わたしはきみを見ているだけで生だから、孤独よりもわたしは生を感じられるきみを選びたい。きみをみて生を感じられる孤独に、わたしは感謝しなければならないんだと思う。明日死んでも来年死んでも50年後に死んでも、わたしはきみのために孤独でありたいけど、それは独りよがりだから、つまり、死。いつ死んでもおんなじなら、別にいいかな。きみのために、