幸福論

君の為にバッドエンドな映画しか観ない。バッドエンドは、私だけのものだから。

君を不幸せにする存在を、なるべくかき消せるように生きる。

それが、わたしにとっての ”生”

生きてるって、感じる。